> 電話確認でバレないように借りたい

電話確認でバレないように借りたい

日々の生活の中では急にまとまった額のお金が必要になるケースが度々起こります。
家賃や食費といった生活費の支払をはじめ、急な飲み会の費用の捻出、
出張旅費の立て替え、怪我や病気の治療費の支払など、その可能性は盛りだくさん。
このような時についお金が不足することの無いように心がけるためにも、
銀行や消費者金融を活用したキャッシングの活用は大変効果的です。

そもそも「キャッシング」とは銀行や消費者金融を始めとする金融会社から
「お金を借りる」という意味を持つ言葉です。
その手法としては実に様々な会社によって様々なものがあり、
その申請窓口も店舗窓口や電話やインターネットやメールなど実に多彩です。
利用者それぞれのライフスタイルに合わせて最も都合のいい手法で
申請を行うことが求められます。

こうしてキャッシングの利用申請を行う際、申請フォームには
主に氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの個人情報を記入する必要があります。
そして、金融機関側でキャッシングの可否をめぐる審査手続きを進めるにあたっては、
これらの申請内容が正しいかどうかを確かめるため、自宅や勤務先への電話確認が実施されます。

在籍確認のため勤務先に電話確認がある

この電話確認では、借金を臭わせるような直接的な金融機関名を口に出すことはあまりなく、
第三者が電話を受けても借金の電話確認であると判明するケースは稀です。
しかしながら、長らく総務や人事部に務めている社員の中には
すぐにピンとくる人も少なくありません。
こうしたことをきっかけに社内に借金の噂が広がってしまう可能性もゼロとは
言えないところがあります。また一方で、自宅にかかってくる確認の電話でも、
家族が「何かおかしい」と感づいて、借金がバレてしまう恐れがあります。

キャッシング業者に要望を出して電話連絡してもらうことが可能

このような事案を回避するためにも、キャッシング申請の際に前もって
「電話確認の際には、このような企業名で問い合わせてください」というような
要望を出しておくことが大切です。キャッシング審査担当者もこうした事案が
申請者を不安にさせることは百も承知ですので、勤務先の電話であれ、
自宅への電話であれ、できるだけその意向に添った形で確認を行ってくれることでしょう。